資本金とは

事業の元手

 資本金とは、商売の元手のことです。いったん会社を設立して出資したその時点から、そのお金は個人のものではなく会社のお金になります。個人事業と違い、私生活で必要なお金を会社から引き出して使うことはできません。

 会社法では、1円以上の資本金で会社を設立できることになっていますが、現実的には1円で事業を始めることはできません。では資本金はどの程度用意すればよいでしょうか。業種によって決め方は様々ですが、開業に必要なお金と運転資金を計算すると、一定の目安がでます。

 

①(開業資金)

・設備資金

・店舗等の保証金

・車、PCなどの資産購入費

・会社設立費用、許認可手続費用 など

②(運転資金)→3か月分程度

・人件費

・家賃などの固定費

・仕入れ代金

・交通費、通信費 など

以上のすべてを自己資本で賄うことができれば理想ですが、融資によって資金を調達する場合は、①と②の合計額の30%~40%程度を資本金としておくと、希望の額を借り入れしやすくなります。

 資本金が1,000万以上になると均等割という税金が高くなったり、初年度から消費税の課税事業者になるので注意が必要です。

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2122 日本沖縄県浦添市勢理客4-13-1 

浦添市産業支援センター結の街 501-4

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan