事業目的の決め方

今後やりたいことも含めておく

 会社が行う事業内容のことを「目的」といいます。

 個人事業とは違い、法人は登記された「目的」以外の事業をすることはできません。違法行為や公序良俗に反するものでない限り、どのような組み合わせでも、いくつでも登記することはできます。今すぐ始めるものではないとしても、将来行う可能性がある事業や、関連性のある事業であれば登記しておく方が良いでしょう。会社設立後に目的を追加するためには、登記の変更や登録免許税もかかってしまいます。また、建設業や介護など、許認可が必要な事業では、その「目的」が登記されていなければ、許可申請そのものができないこともあります。

 一方で、登記事項は誰でも閲覧することができるため、全く関連性のない事業目的がいくつも登記されていると、この会社はいったい何の事業をしているのだろう、とネガティブなイメージを持たれてしまう可能性もありますので、無造作に目的を羅列することはおすすめできません。

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2122 日本沖縄県浦添市勢理客4-13-1 

浦添市産業支援センター結の街 501-4

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan