無理かな…でもあきらめない!建設業許可

October 22, 2018

建設業許可のお問い合わせ、ご相談が続いています。

今月はほぼ毎日、要件などに関するお電話を頂いています。

 

沖縄は建設バブルだ、という声も聞かれますね。最近ご来所

いただいたお客様は、特に離島の工事が多いのだと話されていました。

 

この好景気、いつか弾ける「バブル」ではなく、堅調な成長で

あってほしいものです。

 

 

さて、建設業許可の要件を改めてみていきたいと思います。

大きな要件は3つあります。(一般建設業についてご紹介します)

 

その①

「経営管理責任者」がいること。

建設業の経営経験が5年(経営補佐の経験は6年)以上ある人のことです。

 

その②

「専任技術者」がいること。

29種のうち、申請する業種に必要な免許などをもっている人のことです。

(免許がない場合、10年の実務経験でもOK)

 

その③

「500万円以上」の現預金があることです。

 

それぞれ、許可申請書に添付する書類で証明します。

 

②と③は、「○○の免許持ってます。現預金も500万以上あります」という

方が多く、証明書類のハードルもそれほど高くありません。

 

悩むことが多いのは、その①の「経営管理責任者」の証明です。

 

一人親方さんも経営者ですから、要件にあてはまります。

証明するために必要な書類は、

 

・5年分の「確定申告書」の写し

・5年分の「工事契約書」「発注書」など※1年あたり4~5件分程度

 

とされています。

 

ご相談のなかでこの要件をご案内すると、

「あぁ、独立してからまだ3年だから無理だねぇ」

とお答えになるお客様がいらっしゃいました。

 

ですが、必ずしも経営者だけの経験でなくても「経営を補佐していた」経験も

要件として認められています。

 

独立前のことをお伺いしてみると、建設業許可のある法人で10年以上

管理職として経営陣とほぼ同じ仕事をされていた、とのことでした。

 

それであれば、その状況を証明できる書面があれば申請は可能になります。

証明書類は増えますが、許可申請をあきらめることはありません。

 

前の職場へ当時の書類が保管されていないかなど、経験の証明についてご協力を

お願いすることになりました。

前職を円満に卒業されたからこそできることですね。

 

許可申請のために、あらゆる角度から要件を検討してサポートしていきます!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

September 25, 2019

April 30, 2019

October 30, 2018

October 26, 2018

Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
カテゴリー
​最近の記事

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2122 日本沖縄県浦添市勢理客4-13-1 

浦添市産業支援センター結の街 501-4

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan