• 隼人 仲宗根

ベトナムへ


2019年4月から、外国人が日本で働くことができる在留資格が増えました。

「特定技能」と呼ばれる在留資格です。詳細は弊所特設ウェブサイトをご覧ください。

弊所ではこの特定技能在留資格のサポートに力を入れています。

この程、技能実習生の最大の送り出し国であるベトナムを訪問しました。

技能実習は、我が国の技術等を発展途上国へ移転する「国際貢献」ですが、現場で就労

するため労働力としての役割を果たしているのが実情です。

本国へ戻り活躍する人もいれば、日本で引き続き就労を希望する人もいます。過去に日本で技能実習を修了した人が、再び日本で特定技能の資格で働くこともできます。

ベトナムには多くの実習生送り出し機関があり、日本語学校や職業訓練施設を有しています。

日本の特定技能在留資格の創設を受け、技能実習生だけでなく特定技能者の送り出しに向けた

動きを見せています。

今回の訪越では、大手送り出し機関の教育施設の視察、代表との会談を行いました。

やはり現地に行かなければ分からないこと、得られる事が多くありました。

外国人材の支援事業は、現地の優良な機関との連携が必須です。現在各方面と連携し、

支援事業を進めています。サービスの詳細は、追ってウェブサイトにて公開します。


98回の閲覧

最新記事

すべて表示

外国人雇用の支援

今年4月、改正出入国管理及び難民認定法が施行されました。労働力不足への対策として新たな在留資格「特定技能」が創設され、介護や建設など14業種を対象に、5年間で最大34万5千人余りの外国人労働者が受け入れられる見込みです。 業務の専門性を問わず、幅広い職種でフルタイム就労を認めるというのは、過去の入管行政を見ても例のない大改正です。今後、様々な業種で外国人労働者が増加していくことになります。外国人を

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2131 日本沖縄県浦添市牧港1-9-11 

新里ビル202

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan