• 隼人 仲宗根

入札参加のご依頼


公共工事への入札参加手続きのご依頼を頂きました。

うるま市の事業所さまで、県、市、隣接町村への入札をご希望でした。

公共工事の入札参加は、県と市町村、その他の公法人等で共通するルールと、

違うルールがあります。細かな違いはたくさんありますが、

基本的な違いをご紹介します。

まず共通ルール。

公共工事に入札するためには、「入札参加資格」の審査を受けます。

建設業許可、経営事項審査を受けていることが必要です。

審査を経て「名簿」に搭載され、工事の募集があると落札を

希望する工事に入札できるようになります。

この「名簿」に搭載される期間は、県、市町村ともに2年度です。

次年度でいうと、2019年4月1日から2021年3月31日まで、

ということになります。

2年に1度定期的に入札参加希望者が公募されて、審査を経て

名簿が更新される、ということが繰り返されています。

次に違うルール。

県の入札参加は、2年に1度の定期募集が例年12月はじめの2週間で

受付が行われています。

この期間を逃すと、翌年の6月と12月にそれぞれ2週間程度の追加募集が

行われます。

募集時期が限られていて、いつでも好きに申請はできないのですね。

これに対し市町村は、定期募集が一斉に行われた後も、随時受付されている

ことが多いです。

(※自治体により異なります)

大きな違いはこのようなところです。

県と市町村、それぞれ入札を希望する自治体に個別に申請書を提出することになります。事業者によっては、何十もの自治体に入札参加の申請をします。

ちなみに、県外の事業者でも沖縄県内の自治体へ入札参加の申請をすることも

できます。

地元の事業者が優先される取り扱いもあるようですが、制度上は全国の事業者が

入札できるシステムになっています。

例年、2年に1度のこの時期は担当部局が大変な忙しさに追われるようです。

現在新規許可のご相談を頂いていますが、許可の通知が多少遅くなる

可能性をご案内しています。

建設業は好景気が続いていますから、入札参加の数も増加するでしょうね。

頂いたご依頼は、ミスなく確実に遂行していきます。


55回の閲覧

最新記事

すべて表示

建設業許可業種追加の申請

今年、一般建設業許可申請のご依頼をいただたお客様から 業種追加のご依頼を頂き、先日無事申請が完了しました。 建設業許可は、29の業種に分かれています。土木、建築、左官、電気などなど。 一言で建設業と言っても、それぞれ専門的な技術が必要ですから、 業種ごとに必要な資格や経験の要件があります。 「業種の追加」というと、新規許可と違ってサクッといけるような印象が ありますが、実はそうではありません。 新

無理かな…でもあきらめない!建設業許可

建設業許可のお問い合わせ、ご相談が続いています。 今月はほぼ毎日、要件などに関するお電話を頂いています。 沖縄は建設バブルだ、という声も聞かれますね。最近ご来所 いただいたお客様は、特に離島の工事が多いのだと話されていました。 この好景気、いつか弾ける「バブル」ではなく、堅調な成長で あってほしいものです。 さて、建設業許可の要件を改めてみていきたいと思います。 大きな要件は3つあります。(一般建

とって終わりではない建設業許可

今年「土木」「解体」などの建設業許可をご支援したお客様から、 新しく「建築」も許可をとりたいので手続きお願いします、とのご依頼を頂きました。 建設業許可は、一言で「許可」と言っても29種類もあります。 型枠、電気、内装、管工事、などなど。 それぞれに資格や免許等が定められていて、その有資格者が常勤していることが必要です。 建設業を営んでいくうえで、必要に応じて許可の種類を増やしていく、 というのが

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2131 日本沖縄県浦添市牧港1-9-11 

新里ビル202

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan