• 隼人 仲宗根

とって終わりではない建設業許可


今年「土木」「解体」などの建設業許可をご支援したお客様から、

新しく「建築」も許可をとりたいので手続きお願いします、とのご依頼を頂きました。

建設業許可は、一言で「許可」と言っても29種類もあります。

型枠、電気、内装、管工事、などなど。

それぞれに資格や免許等が定められていて、その有資格者が常勤していることが必要です。

建設業を営んでいくうえで、必要に応じて許可の種類を増やしていく、

というのが普通なのですね。

支援したお客様の事業が拡大していくことは、本当に嬉しいことです。

業種追加の許可もスピーディーに進めていきます。

行政書士の仕事は、法人設立や許認可手続きが完了したらそれで終わりでは

ないのだということを、最近よく感じます。

事業が軌道に乗れば、多くの事業主さんは次の展開や事業拡大を考えます。

資金調達、新たな契約締結、人材確保などなど。

それぞれの場面で手続きなどをご依頼頂くことはもちろんありがたいのですが、

それ以上に嬉しいと思うことは、

「これやろうと思うんだけど、どうですかね?」

「こんなことがあったんだけど、どう思います?」

などというご相談を頂くことです。

具体的な話を聞いていると、わくわくして楽しくなります。

専門外の分野には「こうした方がいいですよ」という的確なアドバイスは

できませんし、無責任なことは言えません。

ですが、客観的に率直な感想をお伝えすることはできます。

それだけでも、「ありがとう!」と言っていただけます。

嬉しくて楽しい。そして感謝頂けるって、いい仕事してるなーと

思える瞬間です。


0回の閲覧

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2131 日本沖縄県浦添市牧港1-9-11 

新里ビル202

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan