• 隼人 仲宗根

会社設立にかかる時間


株式会社設立のご相談をいただきました。

最近は合同会社よりも、株式会社の設立を希望される方が多いですね。

まず最初の相談で、設立にあたって決めるべきこと、

必要な書類や費用などをご説明します。

次に、スケジュールを組み立てます。いつまでに何を決める、

何を用意する、という具合です。

このとき、会社の「設立日」の目安をご案内することができます。

もちろん希望の日があれば、それに合わせて予定を組みます。

株式会社と合同会社では、登録免許税など法定費用の差もありますが、

かかる時間にも差があります。

合同会社よりも、株式会社の方が設立には少し時間がかかります。

理由は、「定款」を作る手順に違いがあるからです。

どちらの法人にも、設立には「定款」が必要です。

株式会社の定款は、「公証人が認証」をしなければなりませんが、

合同会社は、この「公証人の認証」が不要です。(これの理由はまた後日)

公的な手続きのステップがひとついらなくなりますから、

当然手続きも早くすみますね。

さて会社設立にかかる時間です。

法務局の混み具合にも左右されますが、会社設立の完了日を

「登記簿や法人印鑑証明を受け取った日」とするのであれば、

合同会社は最短で5~7日程度で完了することができます。

一方、株式会社は「定款認証」が必要ですから、

10日~14日程度必要になります。

どちらも、必要書類の用意や出資金の払込みを滞りなくできた前提に

なります。役員や出資者が複数いる場合などは、時間がかかることが多いです。


21回の閲覧

最新記事

すべて表示

「登記されていない証明 」って何?

建設業や古物商、風俗営業などの許認可手続きで、 添付書類に「登記されていない証明書」が必要になります。 ご依頼を受任したとき、こんな書類が必要ですよとご説明すると、 ほぼ全員のリアクションは、「何ですか?それ」です。 私生活で接することはあまりないので、知らないのが普通ですよね。 この証明書は、「成年後見制度の利用」をしていないことの証明です。 「成年後見制度」とは、認知症などで判断能力が十分でな

未成年者を役員に…?できます。

株式会社設立の依頼を頂いています。 資本金や事業目的など、決めるべきこと、設立までに やるべきことをご案内しました。 ご相談の中で、18歳の人を役員に入れたいんだけど大丈夫?と ご質問をいただきました。大丈夫ですよ、とお答えして 書類の用意にすすみました。 会社法には、役員になることのできない「欠格事由」があります。 こまごまと決めごとはありますが、 ・成年被後見人、被保佐人 ・法人 ・会社法違反

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2131 日本沖縄県浦添市牧港1-9-11 

新里ビル202

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan