• 隼人 仲宗根

起業の準備②金、物、人をかけない準備


 起業準備はまず「準備の種類」を区別することから始まるということを前回ご紹介しました。今回は「お金、物、人手のかからない準備」を詳しくみていきます。

 ここでは、一般的に言われている経営資源としての「ヒト、モノ、カネ」とは異なるイメージで考えます。準備段階と成果を追求する段階とでは位置付けがやや異なるからです。

 「お金、物、人手のかからない準備」でまず始めることは、

①何にどれだけのお金が必要か

②どんな物がどれだけ必要か

③どんな人が何人が必要か

ということを検討し、「一覧表」を作ることです。表といっても、必ずしもパソコンでキレイに作る必要はありません。ポスター程度の大きな一枚の紙に3つの枠を線で引いて、メモ書きした付箋(追記するので大きめの付箋が良いです)を各分野にペタペタ張っていく、というものでも十分です。

次に、それぞれに要する時間の確認とスケジューリングです。

①着手時期(いつから)

②所要時間(どれくらい)

③確認時期(できているか)

④最終期限(しめきり)

を調べ、一覧表に時期を追加記入していきます。

「必要な金、物、人」「時間」この二つを調べて整理するだけで、リサーチすべきこと、やるべきことが次から次へと出てくるはずです。必要な設備などの価格、物件、内装や設備の業者選び―。業種によっては、物件選びで交通量調査や往来人数、性別や年齢層を調べることもあるでしょう。ひとつひとつ書き出していくと、時間がないものが見えてきたり、大事な物が漏れていることに気付くこともあるかもしれません。

 時間が見えてくると、物件選びや製品選択などにも余裕が出てきます。相見積を重ね、たくさんのものを見たうえで検討できますので、より良いものを最適な価格で導入することもできます。

 このような準備は、起業を決意したその日から始められることです。イメージをふくらませながら事業に必要なことを書き出していくことは楽しいものです。何となく苦手なお金の計算や計画も自然と進んでいくでしょう。「お金、物、人手のかからない準備」は、起業のための土台作りなのです。


32回の閲覧

最新記事

すべて表示

事業に必要な許認可手続き

多くの事業は自由に開始することができますが、一部の事業では法令によって許認可などが必要とされています。一言で許認可といっても多くの種類があり、それぞれ意味が異なります。事業の種類によっては、無許可事業に対して厳しい罰則が科せられることもあります。知らずに違法状態とならないためにも、これから行う事業にはどのような手続きが必要なのかをよく調べておく必要があります。 手続きによっては、限られた時期にしか

起業の準備⑤資金調達のための計画書

事業開始に必要なハード面、ソフト面の整理や開業日が定まると、それぞれの時期にできることに着手していきます。事業でやるべきことだけを中心に考えがちですが、家族や身内への説明、現在の職場での引継ぎなど日頃お世話になっている身近な人たちへの配慮も大切なことです。起業スケジュールと一緒に余裕をもって進めましょう。 準備を進める中、多くの人が最も重要な点に位置付けるのが「資金調達」です。開業資金を貯蓄や身内

起業の準備④開業日の定義とは

お金、物、人が必要なハード面、サービスやマーケティングなどのソフト面の整理ができてくると、いよいよ開業日に向かって着手していきます。この段階では、何にどれだけのお金が必要か、どれだけの物が必要なのかがある程度見えている前提です。「お金」「物」「人」を区別して準備してきましたが、着手以降それぞれが一体となって目的実現のために動かしていく意識で取り組んでいきます。 これまでは、「開業前にやっておくべき

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2131 日本沖縄県浦添市牧港1-9-11 

新里ビル202

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan