実務経験があるとプラスに

経験の評価は高い

 金融機関は、全く経験のない(または趣味で触れてきた程度の)職種を事業とすることへの融資は消極的です。ネット社会が進歩し、専門知識を誰でも簡単に得ることができる今日でも、まだまだ「経験」の信用は大きいのが実情です。

 必ずしも正社員や管理職としての経験でなくても、事業計画書で描いた戦略と、その根拠となる実務経験がリンクしていれば、アルバイトなどでの経験も評価になります。

3年程度の経験があれば、比較的説得力が増します。

未経験の場合は、補うだけの材料が必要

 経験がない職種やサービスを事業化しようとする場合は、売上計画を実現するための具体的な行動、独自性、根拠がより強く求められると言えます。

 逆に、斬新なアイデアや、市場ニーズを的確に捉えたサービスや商品を開発し、それを確実に実行できる見通しがあれば、実務経験がないとしても融資担当者の評価を得られる可能性はあります。

沖縄起業支援 企業支援 office-actia

アクティア行政書士事務所

〒901-2122 日本沖縄県浦添市勢理客4-13-1 

浦添市産業支援センター結の街 501-4

☎ 098-870-4500  FAX 098-870-4502

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

©2018 office-actia                                                                                                                                                            Okinawa prefecture Japan